shoya_shirai

kirschbaum

22 5月

【ラブライブ!】スクフェスをメインで使う『iPad mini』

どうも、白井です。
この間の「僕らのラブライブ!」にてばかいぬさんと話している際に、『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』のプレイ環境についての話題があったので、 今回は自分がメインで使用しているiPad miniの画面サイズがどのように便利かを少しお伝えしようかと。
IMG_0671
『iPad mini Retina』 タバコは比較用です

続きを読む »

18 5月

『僕らのラブライブ!4』に行ってきました!

今日はラブライブ!オンリー同人誌即売会の『僕らのラブライブ! 4』に行ってきました。
実は直前まで行くかどうか迷っていたのですが、にこまき合同誌の内容を見て行く事を決意。
昨日色々とアキバの同人ショップを回ってみたのですが、カタログは完売していまして。。。
本当は事前にカタログ買って色々と周りたかったのですが、その後の予定がちょっと詰まっていたので、少しだけ滞在して昼過ぎには撤退しました。

そんなわけで本日の戦利品はこちら。

IMG_0669

本日周ったのは以下のサークルさんです。
スイートピー:大島智さん( @oshima_tomo )
  ・眩暈アステリズム - にこまき
  ・螺子式・闇 - 会場限定本
  ・氷砂糖とマシンガン - サイジャリン(EERRさん)主催 にこまき合同誌
  ・氷砂糖の砕き方 - 会場限定フルカラー本
 
ほやほやの今をあそぼう:ばかいぬさん ( @bakainu )
  ・LOVE DAYS, LOVE LIVE - アニメ1期考察
  ・MAture Kletten - 真姫小説・考察

らびすたー:しろいはくとさん( @shiroi_hakuto )
  ・ツバサ様はラブライバー:A-RISEツバサ中心

 今回の目的の一つは、にこまきシリアス合同誌「氷砂糖とマシンガン」の為です。
 私がラブライブに嵌ってからというもの、特ににこまきというカップリングの本はかなりの数になっておりますが、その際に名前を聞いたことのある方々が合同誌を作ったとあれば、そりゃあ読まないわけにはいきません!
 サイジャリンのEERRさんが主催されている合同誌で、にこまきが好きで同人誌を買い漁っている人は、知らない人がまず居ないほどの豪華な執筆陣で描かれています。
 「にこまきシリアス合同誌」ということで、にこまきがラブラブ甘々しているわけでもなく、ギャグ的に絡んでいるわけではない、傷つけあいながらも惹かれていく、とても切ないお話が沢山掲載されてありますので、にこまき好きにはマストバイ! な一冊です。
 そんな合同誌に掲載されている大島智さんの「斜陽」。その エピローグとも言うべきお話が描かれているのが「眩暈アステリズム」です。
 こちらは是非「氷砂糖とマシンガン」を読了後に読んで欲しい、切ないけれどとても希望が持てるラブストーリーです!

 私がtwitterで絡ませていただいているばかいぬさんの「ほやほやの今をあそぼう」の考察本2冊。
 TVアニメ1期の考察本「LOVE DAYS, LOVE LIVE」は、前回の僕ラブ3にて頒布されていたのですが、自分が行けなかったこともあり、この度無事に購入させていただきました。
 ブログを拝見した頃から、ラブライブ!に対する接し方や感じ方がとても自分と似ているので、本のほうもあっという間に読み終える事が出来ました。
 キャラクターの心情の変化を中心とした考察ですので、特に難しいお話はされておらず、この考察本を読んでからもう一度アニメ1期を見返してみると、初見とはまた違った面白さに出会えると思いますので、とてもおススメの1冊です!
 真姫考察本「MAture Kletten」は、小説とTVアニメの真姫というキャラクターに対する考察をされており、特に最初の小説が続きが読みたくなるほどの出来でしたので、今度は小説本も出して欲しいなぁ、と思ったり思わなかったりw
 現状、キャラクターの性格や設定で結構ブレがあるラブライブ! ですが、TVアニメ版の「西木野真姫」に対する印象やバックグラウンドの想像の仕方などがかなり的を得ているように感じます。
 真姫ちゃんをもっと好きになれるようになれる本だと思いますので、真姫好きな方は是非。

 そして、今回の戦利品の中で唯一のギャグ本であるしろいはくとさんの「らびすたー」新刊である「ツバサ様はラブライバー」ですが、いやぁほのツバが捗りますなぁ。
 A-RISE中心のギャグ本なのですが、ツバサがμ'sのファンであるという設定で暴走しながらあんじゅや英玲奈もだんだん染まっていってしまうという……。
 というか、これA-RISEの皮をかぶった我々ラブライバーの日常といってもおかしくは無いのですがw 絵柄の可愛さもあってA-RISEのメンバーがとてもキュートに描かれている本です。
 今までにこまき同人誌ばかり作られていたのに、他カップリングをすっ飛ばしてA-RISEの本を出すと思ってもいなかったので、そのギャップも相まってかなり笑わせていただきました。
 2期3話でアライザーになってしまった方にもそうでない方にもおススメの1冊ですよ!
 ちなみに、しろいはくとさんも上記の「氷砂糖とマシンガン」に参加されています。今までの作風とは違ったにこまきが描かれていますので、そういった意味でもおススメです!

 時間的に余裕があれば他にも巡ってみたかったのですが、それはまた次のオンリーの時にでも。。。
 でも、即売会というのはやっぱり良い物で、あの場に居るだけでも創作意欲が湧いてきますね。
 私の次のサークル参加は(受かれば)8月の夏コミですので、それ以降は二次創作同人も少しずつやってみたいなぁ、と感じずにはいられませんでした。

 参加された皆様、お疲れ様でした!
18 5月

ブログを移行しました

放置加減が素晴らしいうちのブログですが、FC2からlivedoorに移行しました。
ちょっと環境を変えたかったのと、出先でブログの更新が捗れば放置しなくてもいいんじゃないかなー? と思いつつ。
普段から基本twitterに投げてしまっているので、長文を書く機会を少し増やさないといけませんね。

livedoorブログでもよろしくお願いします。
13 2月

ラブライブ! μ's NEXT→LoveLive! 2014 ~ENDLESS PARADE~

1c548bf0.jpg


行ってきましたー。

1日目は品川LVを友人と、2日目はSSA200レベルでボッチ参戦。
我ながらまだまだラブライブ熱が冷めていないことに感動すると共に、なんというか楽しかったという事以外はあまり覚えていませんw

1日目LVで特に印象に残っているのは、やはりBD特典曲でしょうか。
高速移動するちゃりつんの「夢なき夢は夢じゃない」から、LVではうっちーの太ももがドアップで映ってとてもドキドキした「Anemone Heart」
μ'sメンバーの色の花を摘みながら、最後に黄色と赤の花を加えた草原でゆれるシカコの「なわとび」、そしてその黄色と赤の天使がバズーカをぶっ放す「Beat in Angel」。
左右のダンサーも実はにこの中の人、というめちゃくちゃプリティーなそらまるの「にこぷり♡女子道」、もう終始ドキドキしっぱなしの百合百合なジョルノとくっすんの「硝子の花園」。
そして、個人的に一番聞きたかったμ'sの「LONLIEST BABY」
ただ、品川LVではここで映像が途切れ途切れになって、次の曲の「輝夜の城で踊りたい」までそれが続きました。
音は少し聞こえていたのですが、輝夜で途中30秒くらいまったく音も映像も流れなくなった際、LVのラブライバー達が続きを歌っていき、映像が戻るとちゃんと合っていた事が結構印象的です。
なんというか、ラブライバーの底力を見ました。(自分も歌っていましたが)

「友情ノーチェンジ」や「baby maybe 恋のボタン」など、自分がまだ映像ソフト以外ではライブで聞いた事の無かった曲を聴けたのもすごく嬉しかったですし、なによりLVをみていて感じたのは意外と距離感を感じなかったことでしょうか。
次の日にあのSSAにいけるという事もあるでしょうけれど、花道を使ってのセンターステージはもとより、ゴンドラを使っての移動やバックステージ等々、広い会場でどのようにファンの皆の近くに行くかを考えられたライブ演出だったように思います。

LVではその後友人とラブライブ!トークなどをしてから、翌日に備えました。

2日目のSSAではLVとは打って変わって初めてみる生μ'sがもう可愛くてしょうがない!
それから、体に響く大音量と周りの声援、色とりどりのサイリュームやブレードの変更等々が怒涛のごとく襲ってきて、生真姫ちゃんであるPile様センターの「Music S.T.A.R.T!!」から「Wonderful Rush!」で既に喉はガラガラ、腕や肩は悲鳴を上げて、腰や膝も結構やばかった記憶があります。

BD特典曲がまるっとユニット曲になっていて、特に「Cutie Panther」はもう全力で「キューティー!」「パンサー!」と叫んでしまいました。自分がにこまきスキーでもあるのですが、やはりユーロビートのノリのよいサウンドが自分は大好きです。

あと、印象に残っているのが「LOVELESSWORLD」時のズレ。PAの操作ミスか何か分かりませんが、センターステージに移動した後、反響のため一部のメンバーが走ってしまいました。ダンスも綺麗にズレていたので、イヤモニが確実に影響していたように思います。
ただ、そこでセンターのくっすんが声を張り上げて強引に戻しにいっていたのが、凄いなぁと感じます(コナミ) ライブでのμ's曲でくっすんセンター曲は初めてでしたので、これぞセンターの威厳というか、そういった物を肌で感じてしまいました。

アンコールでの新作アニメ、1日目と2日目は映像が同じなのにセリフが少し変わっててびっくりしました。というか、ライブのためだけにあの新作アニメを作るアニメスタッフもラブライブ!を愛していることを感じられて、とても感動しましたわ。にこまきやりんぱな、のぞえりの絡みもありましたしね。

その後のゴンドラ移動でアンコールラスト曲である「きっと青春が聞こえる」を聞いているとき、今回は3rdほどに号泣することは無いだろうなぁ、と思っていたんです。
が、LVでも聞いたはずの大サビのアレンジ(アコースティックのみでサビの部分をリピート)に入った途端になぜか号泣しながら歌ってました。
あのアレンジの際、LVだとメンバーの声がほとんどだったのが、現地に行ってみるとラブライバーの歌声もきちんと聞こえてて、それが涙腺を刺激したんだと思います。

終わってみるとあっという間の二日間。感動という意味ではファーストインプレッションである3rdライブには及びませんが、なんというか、キャストやスタッフ、それを支えているラブライバーの皆が作り上げた、本当に”楽しい”ライブだったなぁ、という印象が強いです。
一番最初のMCで、イメージしたのは遊園地だという事の意味を、ライブが終わってから理解できる、とても素敵なライブでした。

次のワンマンライブは1年後のSSAスタジアムモード! 今回の1.5倍のキャパなので今度こそ2日間現地で参加したいなぁ!
1年が長いと感じている方も沢山いると思いますが、μ'sは9人でこそ。全員のスケジュールの都合や会場の都合もあるでしょうし、ツアーなんか出来るスケジュールではないという事は、少しわかって欲しいなぁ、と思います(声優だけではなく、モデルやタレント、歌手などもいるので・・・)

その1年の間は、4月からの第2期TVアニメやVita版ゲームなど、まだまだNextProjectは終わっていません!
それらを楽しみつつ、また来年SSAでμ'sの9人と会いたいですね。

BGM:「Cutie Panther」「Music S.T.A.R.T!!」
2 11月

冬コミ受かりました

今年の冬コミC85に受かりましたー。
今年の暮れもビッグサイトで過ごせるのをとても楽しみにしていますわ。
サークルスペースは3日目 火曜日 西ほ04aです。

例年通り、データベースソフトウェア(RDBMS)の擬人化本を予定しています。
それとは別に、私のほうで以前Webサイトの方に掲載していたFate SSを纏めた本を出してみたいな、と。

さて、本を作る為にがんばります!