初めて購入させていただいた、ゆきありの妹s本だと思います。

FRYASH
『FRYASH』 葉月軒さん
島中をウロウロしていた際に、表紙が気になって中身を読んで、購入させていただいた葉月軒さんの雪穂・亜里沙コンビのお話しです。

3年生卒業後のお話で、ラブライブ! 番外としてデュオユニットのトーナメントを行う事、それにゆきありも参加しようと意気込むけれど、3年生になった穂乃果・海未ペアも出場する事を知ったゆきありは。。。という内容です。
好きな場面としては、ことりにμ’sの衣装を見せてもらうことになったゆきありの、その覚悟が共感を持てたことだったりします。伝説的ユニットμ’sメンバーの妹としてではなく、あくまでも彼女たちは別のユニットであるという覚悟をもって、ほのうみと渡り合おうとする二人の場面を見て、「あ、これはここで買わないといけない本だ」と思いました。
自分は時間軸を卒業後にした本も色々購入させていただいたりしているのですが、ゆきありメインの卒業後の本というのを購入したことがなかったんですよね。出会いとしては表紙絵に惹かれて、という感じなのですが、事前にチェックしていなかった本をこういう形で読める幸運に感謝です。

ラストの、親友として、ユニットとして、とても微笑ましいゆきありの二人がこれからどんな活躍をするのかを思い浮かべることが出来る読後感が心地よく、好きな作家さんの一人となりました。
とても良い本をありがとうございました。